【先に確認】お店でのタイヤの修理は断られる場合があるので注意。

タイヤにクギが刺さっている!修理できるか店を訪ねたらお断りされました。注意点をご紹介します。

今回は、タイヤの修理をこれから行ってもらおうと検討している方に、先に読んでリスク回避をしていただきたいと思い、経験談とそれからわかった注意点をご紹介します。

スポンサーリンク

空気が抜けていると思ったら、タイヤに釘が刺さっていた!!

「うー。」なんかタイヤがしぼんでいるような・・・ん!?

釘?ビス?がタイヤに突き刺さっています。これが原因でタイヤの空気がジワジワと抜けていくようでうです。

パンクタイヤは「交換」だけでなく「修理」もできる場合がある。

どうしよう・・・とインターネットを使用してタイヤ屋さんなどのホームページを確認していると、何やらタイヤは「修理」ができるようです。

私はてっきりタイヤは異物が刺さりパンクしたら「交換」しか無いものと思っていました。

しかし、異物が刺さってもそれを引き抜き、修理用器具・修理剤などを使用し穴を埋めて、ある程度の強度を確保した状態まで直すことができるのでした。

そして、相場的にも修理の方がタイヤを交換するよりもお金が掛からず、お財布にやさしいので可能なら修理をお願いしたいと思いました。

created by Rinker
大橋産業 (BAL)
¥812 (2021/10/22 20:20:38時点 Amazon調べ-詳細)

DIYの修理キット(穴埋めキット)も売っています。※今回のような状態だと危険なのでおすすめしません。

早速タイヤを修理しに「オートバックス」へ行ってみたのだが・・・

パンクしたタイヤを目前に、こんな状態のタイヤでは可能な限り車を走らせたくない。なので自宅から最も近くでタイヤの修理を行っているお店「オートバックス」へ車を持っていきました。

引用:オートバックス ピットメニュー https://www.autobacs.com/static_html/srv/pit.html#pitTire-7

2020年12月31日 参照

オートバックスのWEBサイト、タイヤ修理の項目についてのページがこちらです。

工賃の目安は「1箇所 1500円(税込み1650円※10%消費税)~」で掛かる時間は「15分~」とのことでした。

かなり安く修理できて、待ち時間も少なそうです。非常に魅力的ですよね。

ということで早速オートバックスへ車を走らせました。

しかし「修理はお断りします。」とのことでした(泣)

実際にお店へ行き、車を見ていただいた上で「この状態ではタイヤのパンク修理はできません。お断りします。」と言われてしまい、修理できませんでした。

「なお、パンクの場所やタイヤの状態によりパンク修理ができない場合がございますのでご了承ください。」とサイトにも書かれている通り、修理できないケースがあり、今回はその修理できない状態に該当していたようです。

タイヤ修理できない理由「タイヤの内部が損傷し、今にも破裂しそうで危険だから。」とのこと。

お店の人は、このパンクしたタイヤを見ながら「この状態ではタイヤの修理はできません。」「タイヤの内部が損傷し、脆くなっている可能性があり、うちでは引受できずお断りいたします。」と仰っしゃりました。

・・・そう。タイヤはただのゴムではないのですよね。

引用:ヨコハマタイヤ タイヤの基礎知識 https://www.y-yokohama.com/product/tire/knowledge/structure/

2020年12月31日 参照

タイヤの構造は上記のようになっており、タイヤの内部には金属ワイヤーなどの補強が入っています。

それを理解した上で、もう一度タイヤの状態を見てみると。

赤く線を引いたところを境にタイヤの色が違っているのがわかるかと思います。

外側が黒っぽくなっていますよね。それでこの、黒くなっているところは地面と接触している可能性があるのです。

タイヤの空気が抜けているので、通常よりタイヤが潰れて、タイヤの横側まで地面に押し当てながら走行してしまった。という可能性です。

この場合上記のタイヤの構造のところで確認した「内部のワイヤー」その横側の部分(サイドウォールなど)がくの字に折れ曲がりながら走行することで、通常ではありえない無理な力がかかり、変なねじれや金属疲労などで内部が脆くなるわけです。

その内部のワイヤーが脆くなっている状態で修理して、空気を補充すると・・・破裂(バースト)する危険があるのです。

そのため、「修理は断る」ということでした。仕方がないですね。

「今にも爆発する」「作業員の危険が」と忠告されると怖くなる。だから事前確認を!!!

お店へ行っても断られてしまったわけですが、そのまま帰ってくるにも「脆いので作業中に爆発するかもしれなくて、爆発した場合は作業員が命を落とす危険がある」や「今バーストしてもおかしくない」と告げられた後では、オートバックスの駐車場から自宅に戻るのも怖いです。車を動かしたくなくなりますし、きっと動かさないほうが良いでしょう。

私としても本当はその場でタイヤを交換して貰いたかったのですが、タイヤ4つすべての交換時期がそこそこ近い?(素人目にはそうは見えないケド)とのことで数万円(5~8万円弱)程度かかりますし、そのようなお金を所持しておらず、それに全く同じタイヤも丁度在庫がないということで帰るしかなかったです。※店に同じタイヤの在庫は無いですが近くの店?物流拠点?に在庫があるとのことで、数時間で用意できるとは言っていました。

なので、もしも今、タイヤの修理を検討中の方で私がご紹介したような状態の場合はタイヤの修理ではなくタイヤの交換をしてもらうことを前提にお店に行くことをおすすめします。

今回のような状態に見えなくても、プロが見るとどうなのかはわかりませんので、修理できなければタイヤの交換をしてもらう。ということを念頭に相談しに行くといいでしょう。

ちなみに後日、タイヤ屋さんへ行きタイヤ(4本全て)を交換してもらいました。

created by Rinker
大橋産業 (BAL)
¥812 (2021/10/22 20:20:38時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする