[100均]ダイソースマホ三脚・フレキシブルタイプ

デジカメも搭載可能!ダイソーのスマホスタンド(三脚)

自撮りや物撮りなど卓上において便利なスマホスタンド(三脚)を購入してみました。ゴリラポッドなど有名なフレキシブル三脚などには及ばなくても同じようなことが再現可能で、非常にコスパのいい製品です。

スポンサーリンク

100円+税!!ダイソースマホスタンド(三脚)

スマホを取り付けることができるプレキシブルタイプの足の生えた三脚です。カメラ(スマホ)のアングルなどはこの脚を不均等に折り曲げることで調節します。

脚には球体の滑り止めゴムが付いており滑り止め効果はかなりありました。

上)この様に三脚部とスマホホルダーは分離できます。またこのネジはカメラネジ(w1/4)なのでデジカメやビデオカメラなどを取り付けることも可能です。カメラなどが触れる台座の部分には滑り止めのようなゴムが敷いてあり不用意にカメラを傷つける心配もありません。

また同様にスマホホルダーは通常の三脚などにも取付可能なのであらゆる応用ができます。私はスマホホルダーが欲しくてこの100円三脚を購入した感じでもあります。

ダイソーにはもう1つの三脚が販売されています。そちらは脚がアルミのパイプで作られており剛性感などは良くまた雲台も自由雲台で素早くアングルを変更できるなど「三脚」としての機能は優れているのですが、スマホホルダーは付属しておらず、今回はスマホホルダーも使用したかったのでこちらを選択しました。

この様にスマホを使用する場合、コンパクトにまとまるので卓上での取り回しはしやすいです。私は主に写真撮影に使用するのですが、手元撮影などの動画撮影ではかなり役に立ちそうです。写真に関しても、同じ位置から同じアングルで撮影ができるので複数枚の写真間での統一感が高まります。それから、手持ち撮影では腕などで影ができる場合がありますが、三脚の場合、腕を張ってスマホやカメラを保持する必要がないため影もなくしやすく、写真撮影自体も楽に行えました。

搭載できるスマホのサイズについて。

私は基本的に「iPhone5」で使用するので何の心配もしていませんでしたが、やはり付属のホルダーは「スマホ用」なようです。一応手持ちのスマホ「Xperia Z Ultra」を試しに載せようとしましたがギリギリ無理でした。Xperia Z Ultraは横幅が9センチを超える6.44インチファブレットなので正確にはタブレットに近い製品です。なので付けられなくても無理はありません。他としては恐らくiPhone Plusシリーズは問題なし。Xperia Premiumも大丈夫そうです。Galaxy NoteもOKです。サイドボタンの位置によっては勝手に押されて誤作動を起こして使い物にならないこともあるかもしれません。店頭では実際に載せてみて確認できるので確認するのもありです。

フレキシブル三脚にはこんな活用法も!!!

脚をぐねぐねと曲げることができるので様々なところに引っ掛けて使用できます。例えば上のようにすると、パソコンのキーボードやマウス操作などを簡単にそして楽に撮影することができます。ゲーム実況やタイピング動画などでの撮影に役立ちそうですね。

それから簡易的なフックも装備しているので、例えば胸のポケットに引っ掛けたり、リュックサックの肩紐のベルトに挟み込んだりなど、歩行シーンの撮影などにも活用できます。無論普通のカメラネジなのでアクションカムなどを載せての撮影も可能です。

100円なのに思いつくだけでここまで応用が効くのは本当にすごいと思います。

ゴリラポッド(フレキシブル三脚)との比較。

フレキシブル三脚 くねくね 三脚 Vikrin iPhone/Android/スマホ/カメラ三脚 一眼レフ三脚 大型

ゴリラポッド、くねくね三脚とこの100均フレキシブル三脚の違いですが、実は全くの別物です。基本的に100均三脚にできることはゴリラポッドはすべてできます。ですが、ゴリラポッドにできて100均三脚にできないことが2つあります。

1.高さ調節があまりできない。

ゴリラポッドはその長いグネグネをクモの脚のように折り曲げることで姿勢を低くすることげできます。しかし、100均フレキシブル三脚は足が短く柔軟性も若干劣るため高さ調節の範囲は比較的少ないです。もちろん一切調節できないわけではありませんが、アングルとの兼ね合いもあり、多くても3センチ程しか高さ調節はできませんでした。

2.巻き付け固定ができない。

上の商品画像のようにゴリラポッドには設置部の球体の滑り止めの他に、各関節部にもリング状の滑り止めが付いています。なので電柱やポール、手すりなどに巻き付けて固定することが可能です。しかし、100均フレキシブル三脚はスチールの蛇腹で滑り止めは設置部にしかなく、巻き付けてもツルツルと滑り落ちてしまうため、ゴリラポッドのように何かに巻き付くということができません。


価格差とコスパは魅力的。

しかしながら価格は10分の1以下なので手頃さに大きなアドバンテージがあります。それに多くのゴリラポッドは大型のものが多く、コンパクトな100均三脚とは若干土俵が違う感じもします。

いずれにしろ比較して明確に劣るポイントはこの2点くらいでその他は十分に活用できるのでおすすめできます。三脚に最も重要なのは実際に使用するシーンにマッチするのかですからね。

最後に、、、

こういった足の短い卓上三脚はAmazonなどでも良いものが販売されていますよね。しかし、三脚などは実際に使ってみないと環境に合うかがわからず、購入してみたは良いけれど、一切使わなくなってしまった、、、なんていうこともありますよね。その点100円なので試しに買って見るような気分で入手できるので嬉しいですね。

この商品は現在取り扱いされていません
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする